FC2ブログ

喘息 3

喘息 3の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月なのに古びた病院は異様な寒さを感じた。
シーンとした病院の待合室。

時折 ケンケンッ!!と小さな咳をするこっこ。



「●△こっこさん」

診察室に呼ばれ
先生から問診を受ける。

「もしかしたら肺炎かもしれない。申し訳ないけど
私にはこれ以上診察できないよ。
明日にでも総合病院の診察を受けてください。
もし…夜 変化があったら迷わず総合病院を受診してください。」

そう言われ、1日分の粉薬をもらい、家に帰る。

なぁんか すっげ~大層なこと言う先生だなぁ。
なぁんか こっこが すげ~病気みたいなこと言う先生だ…
なぁんか……



その日の夜、こっこは1度も起きることなく コンコンと眠った。
薬が効いてくれたらいいね…
またすぐに元気になれるよね♪♪


朝、ハルさんの保育園の仕度をしながら
こっこの眠るベビーベッドに向かう。
うつ伏せになり寝てる こっこ。
なんとなく…… 足や手に触り、、生きてることを確認した。

一応、昨日の先生の言うこと
気になるし…ハルさんを保育園に送りながら病院行こうかなぁ。。。

そしたら帰りにスーパー寄って ハルさんの大好きな なんとかレンジャーの
下着でも見てこよう♪
ちょっと寒くなってきたもんな……



こんな軽い感じで 総合病院に向かった。

保育園の門で ハルさんに
「今日のおやつは何がいい?」なんて話しながら
「いってらっしゃい♪」
「いってきます♪♪早くお迎えに来てね~~」





早くお迎えに行くハズが
その【早く】は 数週間も先になるとは 考えてもいなかった。






■■ランキング■■に参加しています。
下の“人気blogランキング”を
クリックしていただくと私に10ポイントはいり
ランキング順位が上がりますヽ( ゚∀゚)八(゚∀゚ )ノィェーィ!
ランキングが上がると明日のやる気につながります

●○ぃつも(。uωu人uωu。)ぁりヵゞとぅ○●

人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。